アトピービジネス代表的手口(7)

標準治療を徹底的に否定する。アトピービジネスにひっかかる患者さんの多くは、ある程度のステロイド外用薬の使用経験があります。直前までは使用していて、アトピービジネス療法のために中止して、一気に悪化する。それを「リバウンド」と称してアトピービジネス療法で悪化したにもかかわらず、以前のステロイド外用薬のせいだと思いこまされる。そしてアトピービジネス療法から抜け出せなくなる。その後も、その患者さんはずっとステロイド外用薬を呪って、ネットやなんかに書き込んでいく。それが、次のステロイド拒否患者を生んでいく。そんな感じですね。///選手末から、女子ゴルフが再開されています。渋野日向子が予選落ちした一方、遅れて出てきた黄金世代の田中瑞希が3日目首位になりました。今日の最終組は、21歳、20歳、18歳と若手が頑張っています。///詳しくは書きませんが、専門家会議を巡ってドタバタしています。専門家会議の改変を主張した尾身副座長の会見中に、西村大臣が廃止を公表したというもので、西村大臣のやり方に批判が集まっています。ともかく今後は、専門家は政府に対して諮問するだけで、ご自分で会見するのは止めたほうが良いと思います。そうでないと、国民は専門家会議が政策を決めていると思います。実際、安倍総理も「専門家の方に決めていただく」と言ったこともあったかのように思います。

#アトピービジネス