今、アトピー性皮膚炎の訪問診療が求められています

アトピー性皮膚炎の患者様を悩ませているのは、単にその皮膚の症状の辛さだけではありません。
良い医療機関、優れた医師に患者様が集中する日本においては、患者様が自分に合った良いドクターに出会えて十分な診療時間が確保でき、十分なコミュニケーションが得られる確率が非常に低いのです。

わたし、竹原和彦は2020年3月末、金沢大学皮膚科学教室教授を定年退職し、このたび訪問診療専門のアトピー性皮膚炎診療を始めることにいたしました。
金沢大学皮膚科教授時代には常時1000名以上のアトピー性皮膚炎患者様の主治医を務め、25年間では推計数万人の診療をしました。また、わたし自身が提唱した「アトピービジネス」問題も社会の大きな関心を集め、その解決に尽力してきました。(Q&A21Q&A22 参照)

そして、今回今までになかった新しい形でのアトピー診療を提唱することにしました。すなわち、首都圏、中京圏、関西圏を中心に、日本どこでも(応相談、Q&A6参照)、夜間、早朝、土日祝日でも(要スケジュール調整、Q&A5 参照)、ご自宅やご希望の場所に訪問診療します。(自由診療)

この診療は、アトピー性皮膚炎の正しい治療を学んでいただくことを目的とし、2年後の患者様自身の自立を目指します。2年後に完全にアトピー性皮膚炎が治癒することを約束するというものではありませんが、わたしの2年間の診療によってアトピー性皮膚炎に悩んでいたあなたの人生を変えることが出来ると確信しています。

what's new

  • 2020/12/30 年末年始でも訪問診療可です
  • 2020/10/18 神奈川県の訪問診療に急遽でかけます
  • 2020/09/13 私のブログへの感想、コメント募集します、メディア問い合わせより送ってください

がむしゃらProf.竹原のホットメッセージ&アトピー教室

noimage ブログ

アトピー性皮膚炎病勢評価(5)

病勢評価ですが、可能な限り全身あるいはそれに準じた範囲の診察が必要です。「首と手の湿疹がひどくて受診しました。」ということで、「ひょっとしてアトピーと診断されていません?」「はい、でも今は首と手首だけが悪化しています。」...

noimage ブログ

アトピー性皮膚炎病勢評価(4)

その他の病勢評価として、やはり分かりやすいのは全身における皮疹の面積ですか。「調子はまあまあです。」という自己申告があったとしても、全身を診察させてもらうと、全身ほぼドライスキンで関節部などに苔癬化局面があることが良くあ...

noimage ブログ

アトピー性皮膚炎病勢評価(3)

アトピー性皮膚炎3番目の病勢評価は、硬く触れる皮膚の面積でしょうか。表面の赤みが大したことなくても、触診すると硬く触れることが良くあり、これはリンパ球という血液由来の細胞がたくさん集まって炎症を起こしているのです。皺が盛...

一覧をみる