今、アトピー性皮膚炎の訪問診療が求められています

アトピー性皮膚炎の患者様を悩ませているのは、単にその皮膚の症状の辛さだけではありません。
良い医療機関、優れた医師に患者様が集中する日本においては、患者様が自分に合った良いドクターに出会えて十分な診療時間が確保でき、十分なコミュニケーションが得られる確率が非常に低いのです。

わたし、竹原和彦は2020年3月末、金沢大学皮膚科学教室教授を定年退職し、このたび訪問診療専門のアトピー性皮膚炎診療を始めることにいたしました。
金沢大学皮膚科教授時代には常時1000名以上のアトピー性皮膚炎患者様の主治医を務め、25年間では推計数万人の診療をしました。また、わたし自身が提唱した「アトピービジネス」問題も社会の大きな関心を集め、その解決に尽力してきました。(Q&A21Q&A22 参照)

そして、今回今までになかった新しい形でのアトピー診療を提唱することにしました。すなわち、首都圏、中京圏、関西圏を中心に、日本どこでも(応相談、Q&A6参照)、夜間、早朝、土日祝日でも(要スケジュール調整、Q&A5 参照)、ご自宅やご希望の場所に訪問診療します。(自由診療)

この診療は、アトピー性皮膚炎の正しい治療を学んでいただくことを目的とし、2年後の患者様自身の自立を目指します。2年後に完全にアトピー性皮膚炎が治癒することを約束するというものではありませんが、わたしの2年間の診療によってアトピー性皮膚炎に悩んでいたあなたの人生を変えることが出来ると確信しています。

what's new

  • 2020/12/30 年末年始でも訪問診療可です
  • 2020/10/18 神奈川県の訪問診療に急遽でかけます
  • 2020/09/13 私のブログへの感想、コメント募集します、メディア問い合わせより送ってください

がむしゃらProf.竹原のホットメッセージ&アトピー教室

noimage ブログ

アトピー部位別治療(7)

全身外用治療について書きます。全身に外用薬を塗る場合、普通体型で普通の紅皮症で1回10gで十分です。体格が良い場合や苔癬化が強い場合は1回15gになります。日本皮膚科学会のガイドラインの1FTUの概念ですと、1回30gと...

noimage ブログ

アトピー部位別治療(6)

部位別治療の次は手足です。いわゆる手湿疹の高度のものが手に、あるいは異汗性湿疹と言われるものが手足に見られます。これもアトピー性皮膚炎の一部と考え、部位的には角層が付くてステロイド外用薬が効きにくいので、ベリーストロング...

noimage ブログ

アトピー部位別治療(5)

背中について書きます。普通に頑張れば家族の協力が無くても、背中の外用は十分可能です。ただし、どうしても手が背中に回らないような状況の患者さんもいます。その際には、フルコートスプレーが役に立ちます。ちなみに、ステロイド外用...

一覧をみる