アトピー患者診療の不思議な体験

野村克也監督の成績を調べなおしてみましたが、本塁打王9回、打点王7回、首位打者1回、あと戦後初の三冠王です。首位打者の年だけ三冠王になっており、打率が良ければもっと三冠王になっていたと思います。通産三冠タイトルは17回で、王貞治の33回に次いで2位です。ちなみに3位は落合博満の15回、4位は長嶋茂雄の15回です。/先日、ちょっと驚きの乳児が受診しました。父親は子供が常時掻いているのが見ていられないので積極的治療を希望し、母親は軽症だと思うので無治療で自然経過を目指したいというのです。それはさておき、前医で入浴するなと言われて今年になってから入浴していないというのです。いくら何でも、衛生的に絶対よくないと説明したのですが、前医に洗脳されているようで、母親は同意しません。以前、入浴するなと言われて実行していた大学生は、半年間入浴していないで、診察室で悪臭を振りまいていました。アトピーという疾患は常識以外のことに飛びつかせる魔力があるようです。/日本の機密情報がアメリカの暗号機の民間会社を通じてアメリカとドイツに漏れていたというニュースが目立たなく報じられていますが、大問題です。暗号機は何としても国内の会社に作らせるべきでしょう。外務大臣の責任問題に発展しないのが不思議です。